06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

29世代目のゲンジボタルさん孵化 

29世代目となるゲンジボタル幼虫さんが孵化しました。
来年まで脱皮を繰り返しながら成長していきます。

2017ゲンジ孵化幼虫


スポンサーサイト

[edit]

tb: -- | cm: --

路肩にしゃがみ込む1人の医師 

私の息子も医師です。この様な場面といつも直面しています。
「命」とは何かを考えさせられます。
人を誹謗中傷している人たちもいますが、同じ「命」を持っています。
私が医師ならば、その様な人たちも救いたいと思います。

以下はサイトから

救急救命(ER)の現場では、患者さんが亡くなることは決して珍しくない。そしてそこで働く医師、スタッフにとっては、生死の境をさまよう患者さんは毎日のように大勢運ばれてきます。

しかし、患者さんにとっては自分の命を託す唯一の人が医師です。

そして今、路肩にしゃがみ込む1人の医師の後ろ姿をとらえた写真が、全世界で話題になっているのでご紹介します。

13092_01 (1)

この写真は、医師の同僚がRedditに投稿したもので、つい先ほどまで懸命の治療にあたっていた19歳の患者さんが息を引き取った直後、打ちひしがれ、路肩に崩れ落ちる救命医の後ろ姿をとらえたものだったのです。

この写真には、世界中から多くのコメントが寄せられています。

「自分ならここまで真剣に命を救おうとしてくれる医師に診てもらいたい」

同じ救命医のご家族から
「患者を救えなかっと、家に帰ってから泣いていました」

同業者の救命医からも
「本当に辛い悲しいことが起きるけど、それでも、この仕事を選んで良かったと思っている」

命の尊さ、その命を救う現場で懸命に日々戦う医師の責任感や覚悟、そんなことを感じ、考えさせてくれるこの1枚の写真に、世界中の多くの人たちが思いを寄せている。

http://grapee.jp/34974

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

天気予報

QRコード

「小倉百人一首」