03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

タガメ 

 日本最大水生昆虫「タガメ」と私は45年間お付き合いをしています。小さい頃、母の故郷福島県双葉郡大熊町熊川で夏休みを物心付いた頃から高校一年生まで40日間過ごしました。小さな小川の流木などに卵を守っているタガメに魅了されました。両腕を大きく広げ外敵に対して威嚇している姿は王者そのものに見えました。私はずーと座りながらタガメと我慢比べをしましたが、私の方が日射病になりダウンしました事を夏になると思い出します。

 時折、水に入って直ぐさま卵を守りに行く姿は滑稽です。小さい頃にはタガメに関する知識は0に等しく、雌雄の区別は勿論、生態そのものが解りませんでした。夏休みが終わる頃に来年まで福島には来れないのは悲しいと思い、何とかタガメやゲンゴロウを東京に持ち帰り、夏の福島を東京で再現したくて、数匹持ち帰りますが、当時の常磐線は平(現在はいわき)までC62ハドソン型蒸気機関車が牽引していました。平から上野までは準急「ときわ号」でしたが、約5時間程度掛かり、冷房も何も無い状態で水戸辺りで個体は暑さで死亡していました。そんな自分勝手な行動で「命」の大切さを思うまでは今暫く年数が掛かりました。

板橋区ホタル飼育施設では全国24カ所のホタル、カワニナ、特別天然記念物扱いの動植物等を預かり、何時でも戻せる状態にしています。国の天然記念物に指定されている数カ所のゲンジボタルも預かっております。

卵を守るオス

上記の写真は板橋区ホタル飼育施設で累代飼育しているタガメです。オスは時より水で体を濡らし、湿度調整をします。オスが水中に潜り行く一瞬の隙を狙って、別のメスが自前の釜で卵を掻きむしり自分の卵を産む場合もあります。この個体のルーツは福島県です。私が板橋区立淡水魚水族館勤務時からですので20年以上世代交代を繰り返しました。が、近親交配を避けるために3年に一度は採取地福島に雌雄3~5匹持参し、今尚自生している箇所に放し、其所に生息している同じ遺伝子を持つ個体を施設に連れて来ます。絶滅の一途を辿っているタガメですが、母の故郷ではしっかり根付いています。


       タガメ孵化

上記の写真は当施設で毎年夏に見られる風景です。卵から孵化してくるタガメの1令幼虫です。面白い事に必ず背を水面に向けて出て来ます。
スポンサーサイト

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

天気予報

QRコード

「小倉百人一首」