03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

ホタルの3つの発光パターン 

 私達がホタル、特にゲンジボタルの飛翔時の灯りを見て心が穏やかになり癒されるのは「f/1ゆらぎ」があるからです。しかし、この癒し効果は、ゲンジボタルがその生息環境下で育った個体に限ります。ただ単にイベント等でホタルを購入して放す場合は癒し効果は全くありません。寧ろβ波が活性化し、ホタルを見て幻覚・錯覚・興奮が起こります。

私の研究下では、ホタルの光には以下の三つあります。


1.求愛光=α波があり、人の心が癒される。

2.刺激光=θ波が多くなり、人の眠気を誘う。

3.威嚇光=β波で脳は完全に埋め尽くされ、人の判断力も失われ、身勝手な行動や考えられない言動を吐いたりする。威嚇光に非常に近いのはコンピューターやクリスマスなどに使うネオンやイルミネーションそして人為的(生態情報に基づくものは別)な照明。


参考論文
2003年
感性工学研究論文集Vol.1No.1.pp.35-44 2003
「ホタルの光と人の感性について」 -発光現象のゆらぎ特性-
阿部宣男(茨城大学理工学研究科・板橋区ホタル飼育施設)稲垣照美(茨城大学)石川秀之(茨城大学大学院理工学研究科)松井隆文(茨城大学大学院理工学研究科)安久正紘(茨城大学大学院理工学研究科)

2003年
感性工学研究論文集Vol.3No.2.pp.41-50 2003
「ホタルの光と人の感性について」-感性情報計測と福祉応用-
阿部宣男(茨城大学大学院理工学研究科・板橋区ホタル飼育施設)稲垣照美(茨城大学)木村尚美(茨城大学大学院理工学研究科)松井隆文(茨城大学大学院理工学研究科)安久正紘(茨城大学大学院理工学研究科)

 10人十色で、考え方は人それぞれ違います。当然教育の方法も違いがあります。しかし、教育に過去や現代社会の矛盾を指摘した場合には伝統・文化までも捨て去る事になりかねません。幾ら議論しても自然体験や自然若しくは自然に触れ合う機会が無ければ、全く教育改革には繋がりません。「三つ子の魂百まで」と素晴らしい言葉が日本語にあります。今の子供達は全くと言っていい程、自然に触れ合う事は無く、テレビやコンピューターに翻弄されています。学校でも何処でも本物の自然が無く、騙しの世の中に変わり果てました。当然ながら教える教員の質も問われます。教員の脳がβ波であれば、教わる側はα波の活性化などは当然無いのです。「癒し=穏やかさ」とはの言葉の意味すら理解出来ないのが現状です。美しい日本の風情や情緒は日本の原風景から生まれています。ホタルはそう言う中で静かに光を放し、謙虚に健気に生き続けています。奢る事のない姿勢こそ教育に必要不可欠です。
 
 現代の子供に私はホタルを通じて「感動」「感激」「感謝」を伝えています。何見ても感動しない、何に触れても感激しない、ましてや人や自然などに感謝もしない!と言った具合になっている現実を再認識して頂きたいです。また、本物の美しさを見いだす時に自然と人と人との関わりに興味が湧き、何かを置き忘れてしまった現在に大切な事を生み出してくれると思います。

 人間はどんな環境下でも、人種、性別、年齢関係無く自然から得る権利は皆同じだと思っています。私達の研究で、目のご不自由な方にホタルの光をどう見せるか?耳のご不自由な方に虫の音などをどう聞かせるか?意識不明の方にどの様に言葉を伝えるか?を考えました。下記の論文がその内容です。同時に仕組みを特許申請し受理されました。

2005年11月 
感性工学研究論文集Vol.6No.1.pp.61-71 2005
「ホタルの光と人の感性について」-生物情報に基づいた光音相互交換システムの開発と福祉応用-
稲垣照美、安達政伸、阿部宣男(茨城大学大学院理工学研究科)


スポンサーサイト

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

天気予報

QRコード

「小倉百人一首」