10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

ミツバチ(輸入セイヨウミツバチ)は殺人ミツバチ*緊急報告 

 授粉昆虫であるセイヨウミツバチの女王不足をアルゼンチンから輸入しようと、国と一部の企業が結託して強引に進めています。このアルゼンチンのミツバチの中には別名「殺人ミツバチ」と称し、通常のセイヨウミツバチと非常に似ていますが、実はアフリカナイズされた個体(キラービーと言われ殺人蜂として恐れられている。南米から拡大し、北米に至っている。セイヨウミツバチと一見では区別がつかない。)が生息しています。アメリカ等では既に毎年数百人が襲われ死亡しています。駆除は出来ない状況です。こんな殺人蜂が日本に入ってきたら日本の自然は勿論、日本の生態系は崩壊するのと同時に日本人の生命も危険にさらされます。
 
 そこまでして輸入する理由は果たしてあるか非常に疑問です。外来種大国日本の最低なる営利目的主義に終止符を打つべきです。野菜や果物の価格が上がるからと言って殺人蜂を輸入するのは馬鹿丸出しで、環境立国とは恥ずかしくて言えません。日本には古来から日本在来種のマルハナバチ21種が生息し、特にクロマルハナバチは授粉昆虫として十分使用出来ます。何を血迷っているのか絶対に認めな余りにも愚かな学者や専門業者がいます。セイヨウミツバチも外来種です。セイヨウミツバチがいなくて野菜・果物が高騰しても構わないのでは無いでしょうか?自業自得とは正にこの事です。日本の農業は日本の生物で行うのが原理原則だと思います。輸入に頼るべきではありません。

 セイヨウオオマルハナバチが平成21年9月30日で期限付き措置が終わるのを見越して、何とか期限付きを無効にしてセイヨウオオマルハナバチの輸入をしたい企業の思惑です。セイヨウオオマルハナバチを北海道に導入した時は「絶対に定着しないと」と豪語した人々はしっかり責任を取るべきです。一匹残らずセイヨウオオマルハナバチを採取してオランダ、ベルギーに熨斗付けて返すべきです。


                        セイヨウミツバチの門番さん
                        セイヨウミツバチの門番さん達

                        セイヨウミツバチ
                        セイヨウミツバチさんの群衆

                        セイヨウミツバチさんの昼下がり
                        セイヨウミツバチの働きバチさん

上記の写真は板橋区ホタル飼育施設内で飼育繁殖したセイヨウミツバチさんです。非常に温和しい性格です。が、輸入しようとしているセイヨウミツバチさんは殺人蜂です。





 
スポンサーサイト

[edit]

tb: -- | cm: --

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

天気予報

QRコード

「小倉百人一首」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。